トップページ > 個人のお客様 > 相続について > 遺言について

遺言について

そのほか相続にまつわるお手続きのご案内

◆遺言について

 生前において、死後の財産の処遇をあらかじめ決めておく方は少なくありません。
その意思を法的に遺しておくのが遺言書です。
 遺言書は相続人による遺産分割協議が紛糾しそうな場合や、特定の者に財産を相続させたいとお考えの場合にも有効な手立てとなります。
 遺言と一口にいっても種類はいくつかあり、自書により作る自筆証書遺言や公証人の関与する公正証書遺言等があります。それぞれ作成方法が決められているほか、メリットデメリットがあります。
 当事務所では、遺言作成に関する豊富なアドバイス実績をもとに、お手続きをサポートいたします。ぜひお気軽にご相談ください。

◆相続放棄、限定承認について

亡くなられた方がプラスの財産(預貯金・不動産など)だけを遺すとは限りません。マイナスの財産(借金など)があればこれも相続財産として引き継ぐことになりえます。
このマイナス財産の引き継ぎを防いだり、一部に縮減したりする方法が相続放棄や限定承認です。
<相続放棄とは>
 亡くなられた方が借金をしていたり保証人となっていた場合でも、相続によりマイナスの財産として相続人に引き継がれます。これを防ぐための手続きとしては「相続放棄」があります。
相続放棄のためには、相続発生を知ったときから3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をしなければなりません。
また、相続放棄をするとプラスの財産も放棄することになります。
<限定承認とは>
 「限定承認」とは、相続したプラスの財産の範囲でマイナスの財産を清算する方法です。
 これによりプラスの財産を承継しつつも、すべてのマイナスの財産を返済する必要がなくなります。
相続放棄と同じく、相続発生を知ったときから3か月以内に家庭裁判所に申し出る必要があります。
また、限定承認の場合、相続人全員によってしなければならないという要件もあります。
 相続放棄、限定承認ともに、相続財産の内容を踏まえつつ、手続き後の状況を見据えた慎重な判断が必要とされます。
 当事務所ではご相談を承ることをはじめ、家庭裁判所に提出する書類の作成を代行いたします。
また、ご相談内容によっては、当事務所のネットワークにより弁護士、税理士などの専門家をご案内することも可能です。まずはお気軽にご連絡ください。

Copyright(c) 2012 吉田司法書士事務所 All Rights Reserved.
Top